ja
2018-2019 活動報告をリリースしました!

2018-2019 Annual Report

2018-2019 Annual Report 
第2期活動報告をアップしました!

目次

                         1.2018-2019年度の活動状況

                         2.サイクリングガイド養成講座

                         3.サイクルインストラクター養成講座

                         4.子どものための自転車教室

                         5.セミナー及び勉強会

                         6.その他

         

〜バトンは国から地方へ〜

自転車活用推進法の施行から2年余りが経過しました。全国の自治体では今、自転車活用推進計画の策定が進められています。自転車の活用を通じた環境への負荷の低減、健康の増進、さらには快適なサイクリングを目指す自転車専用道「ナショナルサイクルルート」の制定と、自転車を取り巻く環境はまさに大きく変わろうとしています。

 

〜サイクリングガイド育成〜

日本サイクルツーリズム推進協会も時を同じくして取組みを進め、全国各地で開催したガイド養成講座は21回を数えました。各地方のJCTA認定ガイドの皆様の活動の広がりとともに、各地でサイクリングツアーが開催され、一般的にも知られるようになって来ました。当協会が提供するサイクリングツアー紹介サイト、Cycling in Japanを通じたツアーも海外からの引き合いも徐々に増えて来ています。2020年はJCTAが提供するインバウンド対応などのスキルアップ講習を通じて、国内外からより多くのサイクリストを誘致し、認定ガイドの皆様に更なる活躍の場を広げて行っていただきたいと考えています。

 

〜子供の自転車教育とインストラクター育成〜

サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現に加え、国が重点目標としているのが、自転車事故のない安全で安心な社会の実現です。2019年初頭より、当協会はサイクルインストラクターの養成に着手し、3月からはJCTA認定インストラクターによる子供のための「Bikeability」自転車教室を手がけて参りました。小さなお子様たちが遊びを通じてサイクリングの楽しさに目覚め、単に交通法規を遵守するだけではなく、路上に潜む危険を認識し安全な行動を身につけていくことが、安心な社会の実現には不可欠だと日本サイクルツーリズム推進協会は考えています。より多くの方により多くの頻度でサイクリングを楽しんでいただき、健康で安全な暮らしと社会を実現すること。その一端を日本サイクルツーリズム推進協会が少しでも担っていくことができれば望外の喜びです。

 

一般社団法人日本サイクルツーリズム推進協会

代表理事 西田恵理子

PDF:8MB
2018-2019 JCTA活動報告