ja

活動報告 6/5-6(土日) サイクルインストラクター養成講座 @りんりんポート土浦

6月5日6日の2日間、茨城県土浦市、りんりんポート土浦にて、インストラクター養成講座を実施しました。

自転車をこれから始める初心者や園児、そして路上デビューをする小学生を対象とした自転車講師を育成するための養成講座です。

まず、基本となる英国の自転車教育メソード「Bikeability」の基本を学んだ後、大人もペダルを外して、ランバイクを経験しました。

実習と座学を組み合わせて、参加者全員で、リスク回避やグループ管理、そして、チャイルドプロテクション窓について、考えていくことが中心です。

そして、最後には自転車を楽しくするためのゲーム作り。
さまざまな試行錯誤と検証の結果、今回は、①ぐるぐるだるま、②アニマルシュート、③じゃんけんGOの3つのゲームが誕生しました!

参加者募集 サイクルインストラクター養成講座

子どもたちに自転車を教えませんか?

(一社)日本サイクルツーリズム 推進協会(JCTA)は子供のための自転車教育を推進しており、東京都にある皇居パレスサイドや自転車振興を推進している茨城県土浦市などで、子供の自転車教室を開催しています。

今回の養成講座では、その自転車教室で教えていただくサイクルインストラクター(B級)を養成するものです。

本講座では英国サイクルインストラクターの国家資格であるNational Standard Instructor(NSI)に準拠した資格を日本において取得できるもので、JCTAはNSIを養成している英国のサイクリング協会 Cycling UK (CTC)と提携し、日本においてサイクルインストラクター養成講座を実施しています。

本養成講座では、英国運輸省が開発した自転車教育プログラム「Bikeability」{Bike(自転車)+Ability(能力)の造語} をどのように教えるか、教える際に何を注意すべきか、などを具体的な事例を含め、学習していきます。

サイクルインストラクターB級では、自転車のエリート教育ではなく、ごく一般の小学生を教えることが対象となるため、スポーツバイクのご経験のない方でも気軽に取得できるものです。自転車スキルよりもお子様を教えることが好きな方向けの資格です。

この機会にぜひ、サイクルインストラクターの資格を取得し、お子様の自転車教育に携わって行っていただければと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

認定対象の資格:JCTA・Cycling UK 認定インストラクターB級

◯英国運輸省の定めるBikeabilityレベル1ならびに2を教えることができます。
このインストラクターの資格は英国運輸省のカリキュラムに基づき実施するもので、サイクルインストラクターご登録後は、JCTAならびにCycling UKの認定資格をを有する JCTA認定会員としてご活躍いただけます ※1 。

2日間の講習は、ディスカッションや実習を中心としたプラクティカルな内容で、受講人数も1講座あたり、4名〜8名と少人数で実施します。前回の講習会の様子はこちら

※1)Cycling UKの認定資格は、カリキュラムを日本向けにカスタマイズしているため、英国の資格制度とは異なります。

〜 実施要項 〜

■開催日時
6/5(土)-6(日)   9:00 〜 18:00 両日 
〜申し込み人数が4名に満たない場合は、いずれかの講習日に移動していただく可能性があります。

■会場: りんりんポート土浦
     茨城県土浦市川口二丁目13番25号

■受講費: 40,000円 認定料:5,000円(消費税別)
 ※ JCTA会員の皆様のご受講料は上記より20%の割引となります。
修了後は、Cycling UK,ならびに JCTA認定会員としてご登録いただきます。
 ※ 認定後に入会金 5,000円 年会費 10,000円(月割)が必要です。
 ※ JCTA認定ガイドの皆様の場合は、入会金0円、年会費は半額となります。

ご準備いただくもの:
整備された自転車(フラットペダルのみ可)、ヘルメット、サングラス、サイクリングに適した服装、雨具、筆記用具

主な講義内容:
1,基本理念
2,リスク管理
3,バイクフィッティング
4,Bikeability レベル1及びレベル2 理論と実習
5,ティーチングスキル
6,チャイルドプロテクション など

 

子供のためのBikeability自転車教室について
Bikeability自転車教室説明書20200110

新型コロナ感染拡大防止に向けた対応について

・三密を避け、4名〜8名の少人数で実施しています
・室内での講義においては、マスク・マウスシールドの着用を義務付けています。
・使用機器については、消毒を励行しています。
・緊急事態宣言・まん延防止重点地域からの受講者には感染確認検査をお願いしています。
・講習前10 ~7日間の検温表をご提出をお願いしています
・講義開始前に検温を実施し、発熱や風邪の症状がある場合には、受講をお断りしています。

バックグラウンドチェックシートのご提出について

・ご受講者のご経歴について、簡単なチェックシートをお願いしています。

問い合わせ先:info@cycletourismjp.org