ガイド保険のご案内

JCTA: ガイドさんを守るための保険導入のお知らせ

JCTAは、認定したガイドさんが、万が一、ツアー催行中に参加者の方が事故などに合われ、参加者等なら賠償責任に問われた場合に備え、ガイドやインストラクターを守るための保険を導入しました。保険料は、年会費に含まれますので、JCTA会員(認定ガイド/認定インストラクター)には自動的に付帯されます。

1.主旨

    JCTA(以下協会)及び同会員が関与する事業において発生した協会及び会員に対する賠償事故対策を事前に講じることによって、協会及び同会員が関与する事業に対しリスクフリーな体制を整えることが目的です。

2.対象事業(国内限定)

    協会及び同会員が主催又は他社からの要請に基づき実施する事業が対象となります。

    (1)サイクリングガイド

    (2)講習会(ガイド養成講座、自転車教習会等)・講演会

3.具体的内容

    (1)サイクリングガイド用賠償責任保険

      ① 対象事業:協会が関与するツアー、又は同会員がビジネスとして行うツアー

        (注)会員がガイドとしてではなく、一参加者として参加する場合は対象外です。

           有償・無償を問いません。事業の開催全期間がカバーされます。

      ② 契約者:協会

      ③ 被保険者(注):協会及びその構成員(会員が含まれます)

      ④契約内容(基本契約・支払限度額・免責金額) ― 対人・対物賠償

       (特約条項等については別添)

      支払限度額(1名)          1億円

      支払限度額(1事故または1請求)   1億円

      免責金額(1事故または1請求)     0円

4.保険適用の条件

    (1)ツアーガイド用賠償保険は、あくまでもJCTA協会会員としてツアーを引き受けることを建前としています。

    (2)会員がガイドをしないツアーについては適用されません。

    (3)ツアー実施に際しては、携行するもの

      ①協会が契約者となっている賠償保険の証券番号

      ②万一事故が起きた場合の連絡先(協会/保険会社)

        東京海上保険会社への連絡先(フリーダイヤル)

        契約者名: 日本サイクルツーリズム推進協会

      ③事故内容報告書

★事故内容報告書をダウンロードする

 

以上