ja

4/20 新型コロナウィルス感染を防ぐための乗り方 〜Cycling UK Newsletter〜

We are Cycling UK

健康維持のためにサイクリングは認められています!

〜感染を防ぐための乗り方〜

一般社団法人日本サイクルツーリズム推進協会が提携する英国の自転車協会「Cycling UK」から新型コロナウィルス感染を防ぎ、サイクリングをするためのアドバイスが届きました。

英国ではロックダウンで外出制限が敷かれていますが、散歩やランニング、サイクリングは心身の健康を保つ手段として認められています。ただし、2メートルというSocial Distancing(ソーシャルディスタンス)を保つため、以下のような制限が課せられています。日本の皆様におかれましても、十分参考になる項目ばかりですので、心に留めて自転車に乗っていただければと存じます。

  • 集団やグループで走らない
  • 他の人と2メートル以上離れる
  • 走行中も手を清潔に保つ
  • 前を走る人と十分な距離を保つ
  • 人通りの多い道や狭い道を避ける
  • 川沿いのルートや緑道、狭い自転車専用道路などは空いている時に走る
  • 歩道よりは、車道を走る
  • 車道を走る時は歩道を歩く人に配慮を!

集団やグループで走らない

一人、または同居する家族で走ります(家族に自主隔離の人がいる場合はN G)。
グループでは走らないようにします。

他の人と2メートル以上離れる

2メートルのソーシャルディスタンスを保ちましょう。新型コロナウィルスは飛沫で感染するため、感染した人が(例え、症状が出ていなくても)咳やくしゃみをするとウィルスが飛散し、移ってしまいますので、例え、走行中に友人や知り合いに会っても、近づいて雑談をするようなことは行ってはいけません。

走行中も手を清潔に保つ

新型コロナウィルスは表面の硬いものに付着した場合もしばらくは生き続けるため、それに触れることでも感染します。

走行中にお手洗いに行く時もドアノブなどが汚染されている可能性もあることから、それに触れた手で顔などを触ると感染する恐れがあります。サイクリング中も手洗いを頻繁に行い、清潔に保ちます。アルコール消毒液を小さな容器に詰め、持っていくことも一案です。

前を走る人と十分な距離を保つ

最近の調査では、前を歩いている人が咳やくしゃみをすると、ウィルスはしばらく空気中に残るため、後ろを歩く人に感染する可能性があることが指摘されています。

ランニングやサイクリングをしている人の後ろを走る時は、それを念頭において走りましょう。

人通りの多い道や狭い道を避ける

サイクリングに出かける時は他の人との距離を2メートル以上保てるルートを選びましょう。人通りの多い道や狭い道、歩道もできるだけ避けます。また、人の少ない時間帯を選ぶようにします。

一昨年来日し、日本でもサイクルインストラクター講習を行ったCycling UKのトレーニングマネージャー、マット・ウッドコック氏は「人とすれ違う時は、スピードを落とし、軽いギヤに変え、惰性でホイールを回しながら、できるだけスペースを空けるようにしてください。ルート上に狭い道がある場合は、そのルートは避けるようにします。また、後ろから追い越す時は、短くHelloと声がけをするかベルを鳴らして、自分が追い越そうとしていることを知らせ、追い越しぎわに軽くThank youとお礼を言いましょう。このような状況下では、いつもよりほんの少しフレンドリーな気持ちになれると良いですね」とアドバイスしています。

緑道や狭い自転車専用道路は空いている時に走る

普段なら安心して気持ちよく走れる自転車専用道路や川沿いのルート、自転車の入れる散歩道ですが、自転車で走ろうとしても、人が多いと歩くようなスピードになり、後ろにぴったりとつくことになります。2メートルの距離を保ったり追い越したりすることが難しくなるので、空いている時間帯に走るようにします。

Woman cycling along a canal

歩道よりは、車道を走る

走ることが許されている歩道は、人がすれ違う時に2メートルの距離を取ることができません。外出が制限されている今、空いている道路が多くなっています。もし、車道を走っても大丈夫と思ったら、車道を走るようにします。

車道を走る時は歩道を歩く人に配慮を!

車道の両サイドにある歩道や路肩を歩いている人がいる時にも、十分な距離(2メートル)を確保するように努めましょう。マット・ウッドコック氏は「歩道を歩いている人の横を追い越す時には、後方確認をし、安全を確認した上で中央寄りに出てスペースを作りましょう。追い越してから、再び左に寄ってください。また、郊外や地方の狭い道を走っている時にも、道を歩いている人と出会ったら、安全を確認した上で、道路の反対側に寄り、できるだけスペースを作るようにしてください。」とアドバイスしています。

注:この内容は、Cycling UK cycleclips@cyclinguk.orgより2020年4月18日に配信されたニュースレター(件名: #keepthewheelsturning appeal, cycling and walking in narrow spaces, cycling as a solution to climate change, and our next instalment of An audience with…)を元に作成したものです。オリジナルのニュースレターはPDFの下にあります。

上記記事のPDFをご準備しました。感染を防ぐための乗り方

ご参考までにCycling UKのニュースレターの本文を併せて追記します。
Thursday, 16 April 2020

Coronavirus: A guide to social distancing and cycling

What’s the best way to maintain social distancing on off-road trails or narrow lanes? Campaigns officer Sophie Gordon finds out.

In theory, public health guidance to stay at least two metres away from other people when out in public seems simple. However, whether you’re shopping for groceries at the supermarket or looking for somewhere to ride for your daily exercise, it’s sometimes a little tricky. We’ve received various questions about the best way to practice social distancing in different situations when out on your ride, so we’ve aimed to answer some of them here.

Why is keeping our distance important?

Government guidance is to stay at least two metres away from other people when you go outside.

GP and Cycling UK member Dr Kate Hattersley explains why:

“The Covid-19 infection is spread by droplets of fluid carrying the virus. If an infected person coughs or sneezes (even if they have no symptoms) the droplets can land on a hard surface and stay there for a while or land directly on another person. This is the reason why we should keep at least two metres away from others when we are outside our home.

“If we touch a surface contaminated by the virus then touch our face, we will infect ourselves. This is why it is important to wash our hands frequently and clean surfaces regularly.”

Recent research suggests that a greater distance may be needed when you are behind someone else, as droplets from coughs and sneezes can remain in the air behind someone who is moving. It’s important to note that this was a simulation and the paper hasn’t yet been peer-reviewed (verified by other scientists), but it might be something to bear in mind if you are approaching another cyclist or runner.

We all have a responsibility to ride carefully during this outbreak and maintain social distancing, to ensure we can continue to cycle.

Have a look at our extensive coronavirus Q&A for the latest cycling advice.

Shared-use paths and off-road trails

If you are going for a ride off-road, Cycling UK guidance is to plan your route to avoid parts you know are narrow and likely to be busy, and think about the time of day you pick for your ride.

On wide paths, it’s fairly easy to stick near the edges. If it’s less than two metres wide and you’re approaching people heading towards you, be prepared to stop and move over onto the verge to let them have enough space to pass.

Cycling UK training manager Matt Woodcock advises, “Give people as much room as possible when passing. Slow down and get into an easy gear to allow you to freewheel, and give them space. If you know your route you will know the pinch points, so you can try and anticipate where it is going to be difficult to pass.

“If you’re approaching someone from behind, let them know you’re there by calling out or using a bell if you have one, as they may not realise you’re about to pass them. Try and say hello and thank you to build good relations with other users – everyone appreciates a bit of extra friendliness at the moment.”

Canal towpaths

Canal towpaths are a little more tricky because of the lack of extra space at the edge. Cycling UK Head of Campaigns Duncan Dollimore says: “On narrow towpaths at busy times of the day, it’s likely that you will find it difficult to pass those on foot while leaving the recommended two metres of space. You’ll end up either riding at walking pace behind people or breaching the social distancing guidelines – so it’s worth going at a quiet time of day, or considering an alternative route.”

Woman cycling along a canal

Shared-use footways

Many shared-use footways (which are often just pavements where cycling has been legally allowed) aren’t wide enough to leave two metres of space when passing people. There’s less traffic on some roads at the moment, so if you feel confident to do so, you might find it easier to ride on the road.

Alternatively, you can always get out the map, go online, or use an app to try and plan a quieter local route.

On roads

When riding on the road past someone who is walking along a narrow pavement, remember to still leave two metres of space.

Matt Woodcock explains, “If you are riding past someone walking on the pavement, check behind you and, if it’s safe to do so, pull out towards the centre of the road as if you were turning right. You can then move back in to the left once you have passed them.

“On narrow country lanes, if you meet people walking towards you along the road, if it’s safe to do so try and move right over to the other side in order to leave as much space as possible.”

It’s important to remember that provided we observe social distancing, the health benefits of cycling outweigh the risks – so choose a nice quiet route, follow public health advice and let’s all enjoy our time outdoors when we can.