基本理念

JCTAの基本理念

サイクルツーリズムを通じて、人・地域・産業を豊かにする

サイクリングを通じた観光事業の振興と、その結果もたらされる地方創生、ならびに雇用創出を推進するための研究、啓発、教育、助言を目的とし、一般社団法人日本サイクルツーリズム推進協会を設立いたしました。

設立の背景

平成29年5月に施行された自転車活用推進法に「自転車を活用した国際交流、観光来訪の促進、地域活性化の支援」が明記されました。

かねてより、地方自治体は、地方創生の一つの切り札として、地方の魅力を引き出すサイクリング観光(サイクルツーリズム)に注目し、旅行業界もエコツーリズムや健康志向の高まりといった流れを受け、観光主体からアクティビティ主体、インバウンド含めたツアー作りに重点を置き始めております。
しかしながら、現状に目をやりますと、以下のような課題が浮かび上がります。

  • サイクルツーリズムの振興に欠かせない地元住民の方々にご理解・ご参画をいただくための取組み(住民参加型の取組み)が不十分
  • 公共交通期間や宿泊施設に代表される受け入れのソフトインフラ整備が不十分
  • サイクルツーリズムを担うインバウンドにも通用するガイドなど人的資源の不足
  • サイクルツーリズムを発展させたる為のステークホールダーのネットワークが未整備 など

国内外から熱い期待を寄せられているサイクルツーリズムですが、実際には上記のような課題から、必ずしもビジネスに結びついていないのが実情です。
JCTAはこれらの課題が、レンタル自転車を揃え、サイクルステーションを設置するといったハード面のみに偏った施策が原因であると考えています。それでは、一過性の取り組みに過ぎず、長続きしないのは明白です。サイクリストを誘致するためには、地元の方々、行政、自転車関連業界、観光業界など全てのステークホールダーが自転車文化に対する理解を深めることが重要であると考えております。

JCTAのコンセプトイメージ

自転車観光が牽引する利便性の向上

  • 正しい乗り方の普及
  • 他の道路ユーザーと共生
  • エコ・健康への配慮
  • サイクリング愛好者の増加
  • サイクルツーキニストの増加
  • インフラの整備による利便性向上
  • サイクリストに対する理解

自転車観光がもたらす 地域活性化

  • 地域経済の振興
  • 雇用創出/増加
  • 地域住民主導の観光ビジネス創出
  • 生き甲斐創出
  • 異文化体験⇒人材育成

自転車観光を通じた新たな展開と新規ビジネスの創出

  • 国内外の観光客の増加と観光の多様化に対応する新市場創出
  • 自転車小売り商業界の振興と多様なビジネス展開
  • 物流業界および物流支援組織によるサイクリスト支援
  • レンタル業界の振興
  • 自転車および関連メーカーの発展
  • 観光業界の発展
  • ファッション業界の本格参入
  • 映像業界の振興